リンパマッサージはむくみの解消だけではなく、疲労回復や肩こりの改善や免疫力をアップさせるなど健康維持にも効果が期待できるものなので、仕事で疲れた時やリラックスしたい時などに利用することも多いですが、リンパマッサージの資格を習得してそれが役立つ仕事についてみたい、と考えることもあります。
施術を受けることはサロンに行くことで可能になりますが、実際に仕事に役立てるにはどのような資格があって、どのような仕事があるのかなどを知る情報サイトなどを参考にするのも良い方法です。

リンパマッサージの資格が役立つ仕事

リンパマッサージの資格が役立つ仕事 リンパマッサージの資格は一生ものの資格で、エステサロンや医療現場などでも資格が役立つ仕事につくことができます。
リンパマッサージは疲労回復や免疫力アップなど健康維持のためにも良いものですが、むくみをとって小顔にするなど美容効果も期待できるため、エステサロンでも導入されています。
病院や医療現場でもリンパマッサージの資格は役立ち緩和ケアの一貫として施術を取り入れていることもあります。
法律によってマッサージ効果が制限されているのでリンパマッサージをする場合には資格の取得が必要で、あん摩マッサージ指圧師の国家資格があります。
リンパドレナージュというリンパ液の流れを活性化するマッサージ方法は、通学や通信講座で勉強することができます。

リンパマッサージの資格の取得にかかる費用は?

リンパマッサージの資格の取得にかかる費用は? リンパマッサージの資格を取得するためには通学でスクールに通う方法と通信講座で学ぶ方法があります。
リンパマッサージの資格取得のための費用は、コースや講座の期間などによって異なり、通信講座は仕事などで時間がない場合やスクールが近くにない場合に選択したい受講方法です。
スクールは直接講師の指導が受けられます。
通信講座の費用はコースによって異なりますが、通信講座は3万円から19万5千円程度と幅がありますが、平均すると5〜6万円程度はかかります。
スクールで学ぶ場合には、20万円〜160万円と通信講座より高くなります。
スクールでも単発で受けられる効果もありその場合は数千円で、短期間コースなどでは数万円〜30万円程度で受講できる場合もあります。
通信講座やスクールに通う場合も、受講料の他にスクールであれば交通費など諸経費が必要になります。
また資格を取得するなら検定料も数千円必要です。
スクールで独自の資格がもらえる場合もあり、その場合は認定料などが受講料に含まれていることもあります。
通信講座の場合は、受講料のみの費用ですが、より知識をつけるためには書籍を別途購入したり、アロマオイルを揃えるなども必要になる可能性はあります。
通信講座もスクールもメリットやデメリットはありますが、ライフスタイルにあった方法で資格を取得することが良い選択です。

リンパマッサージ関連リンク

体質改善にも役立つリンパマッサージを受けられます。

リンパマッサージ 池袋

新着情報

◎2018/4/3

どんなお店で受けられるの?
の情報を更新しました。

◎2018/1/9

いつ行なうのが最も効果的?
の情報を更新しました。

◎2017/11/9

アレルギー体質が軽減?
の情報を更新しました。

◎2017/10/6

サイトを公開しました

「リンパ 費用」
に関連するツイート
Twitter